トップ

病院と会社の尊称

病院の尊称についての記事

病院とその尊称について

病院とは、医療法によれば「医師または歯科医師が公衆や特定多数人のために医業や歯科医業を行う場所で、20ベッド以上の収容施設を持つもの」と規定されています。語源のhospitalは傷病者や病人の収容施設を意味しており、このため海外では老人ホーム、孤児院なども含まれます。日本においては病人やケガ人の診察と治療をする場所と、これらの人々のための収容施設の意味に使われています。医療法ではベッド数の他、医師や看護師、その他の従業員などの数なども定められています。病院に文書を提出する際は、会社に対する尊称「貴社」の代わりに「貴院」、「貴医院」とします。

病院にも貴社と言う言葉を使う

貴社は会社の尊敬語になります。とある会社の採用を希望する際は採用希望者はその会社を前述のような言葉で表現をします。ただこちらの言葉は文面で表現しなければならず、口頭で言う際は御社と言う表現となります。主に履歴書や職務経歴書等の書類に記述します。では病院は会社として扱われ、貴社と表現しても良いのでしょうか。結論からすると表現しても病院側はその表現に特に気にすることはしないでしょうが、出来る限り貴院という尊敬語を使用した方が無難です。学校の場合は貴校、施設の場合は貴施設のように上手く使い分けることがポイントです。

病院と貴社に関する情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 病院の尊称についての記事. All rights reserved.